2011年07月20日

「愛と誠」が4度目の映画化に!

「愛と誠」が4度目の映画化


1970年代に一世を風靡した週刊少年マガジンの人気連載漫画
「愛と誠」が、またまた映画化されることになりました。
これまで3度も映画化され、原作以上の人気となることは
有りませんでしたが、今回は実に35年ぶり、4回目の映画化
ということで、ふたたび注目が集まっています。

これまでの映画化では西條秀樹や加納竜などが20代の時に
主演してきた映画ですが、今回の愛と誠は、主人公の太賀誠を
30歳になった妻夫木聡が演じ、さらに早乙女愛役を17歳の
武井咲が演じることになったそうです。原作の設定と大きく
かけ離れた妻夫木聡がどんな演技を見せるのか、こちらも
注目が集まりそうです。

また、今回メガホンを取るのは『ヤッターマン』や
『ゼブラーマン』など、原作付きの作品を独特の世界観で
実写化する手腕に定評がある三池崇史監督で、高校生の
ケンカという同様のテーマで撮った映画『クローズZERO』などの
ヒットもあり実績は十分と見られています。妻夫木&武井という
キャスト自体は、年齢こそ違和感があれど旬の俳優ばかりで、
どれだけ新鮮な『愛と誠』を作り上げることができるのか、
原作ファン以外も大いに注目したいところです。

「愛と誠」の主人公は額に三日月形の傷がある不良高校生、
太賀誠で、妻夫木聡とは少しイメージが合わない感じですが、
原作自体は1970年代に大ブレイクした超人気漫画で、
当時「白馬に乗った王子様」「君のためなら死ねる」など
数多くの流行語がこの作品から生まれています。公開予定は
来年の8月ごろを予定しています。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110704-00000327-orista-ent
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/515734/
シネマトゥデイニュースURL
http://www.cinematoday.jp/page/N0033499
posted by 勘太郎 at 22:06| 映画化